手を入れない限り木は自由に育ち続けます。まだ何とかなるだろうと考えていた木が、気づいた頃にはノコギリ一本ではどうにもならなくなっていたということはよくあります。根元から切り倒すことが出来れば簡単ですが枝が屋根に覆い被さっていたり、崖っぷちで倒すこともままならなかったり、下枝だけ払って木自体は残っていて欲しかったりと状況は様々です。


 そしてこうした大きく、高い木を伐採、枝下しするには常に危険が伴います。人はもちろんのこと周囲の家屋、自動車、対象以外の樹木など保護する対象、注意すべき要因も少なくありません。しかし残念なことにチェーンソーの使い方もままならならない作業員が次々と木を切り倒している現場を見かけることもあれば、怪我や事故の話も必ず伝わってきます。


 鎌倉は山が近い分、山に悩まされてきました。それでも適切に管理された山は美しく、高木巨木には一種の霊験さえ漂います。植徳では安全を第一に、 対象木に対し的確な処置を施せるように最新のシステム、器材を取り入れながら作業を進めています。

ホーム>高木の手入れ

Made on a Mac

 職人の世界はいい意味でも悪い意味でも”旧い”のが現状です。変わらずに守っていかなければならないものもあれば、変えていくことで良い結果を得られるものもあります。殊更それが安全と効率につながるのであれば変わることが必然です。


 例えば造園業では高い木に登る際、胴綱と呼ばれる2メートル程の命綱の着いた簡易ベルトを腰に巻いてハシゴで上り、そこからは命綱を架け替えつつよじ登ります。枝先に行く際はバランスを取りながら行けるところまで行く、気合いと根性の世界です。


 洞窟探検に始まりクライミング、レスキュー、高層ビルのメンテナンスなど垂直の世界ではロープとハーネス、クランプによる固定と上昇・下降操作が一般的です。またこの技術を木に登り、樹上での作業に採用し、発展させる試みは主に欧米で培われてきました。このロープシステムは作業範囲を広げ、作業員、作業場所周辺の安全を確保しながらより細やかな手入れを可能にします。まだ日本では一般的ではありませんが、湘南地域の先進としてクライミングギアと共に、ロープによるクライミングに取り組んでいます。

 高木の手入れについては樹高、幹周、枝の数など樹木自体の個性から作業の範囲、周囲の状況等によって費用が大きく変わります。見積もりは無料で承りますが、湘南、横浜地域以外からのご依頼につきましてはまず写真を送付頂いた上でのご相談とさせて頂きます。

climbing system

and equipments

supplied by

ご相談、ご依頼は下記メールまたはお電話にて承ります。

電話/FAX

メール

0467-44-5939