家を建てるのイメージ

 問題となるのはコストです。一戸建ての建設費用として建売が最も安く抑えることができる点は明確ですが、ハウスメーカーと建築士の比較はあまり簡単ではありません。複雑な建物でなく、とてもシンプルな構造である場合、建築士の設計費用はそれ程かさみません。同じ木造でも建築士の設計はもちろん耐震基準をクリアしていますが、仮にハウスメーカーの方がはるかに上回る耐震性があったとします。しかし200年に一度の大地震に耐える必要があるのか、またそこにいくらまでのコストがかけられるかと言えば人それぞれです。そしてただ目に見える価値、価格として資材、建設費用(施工費)があります。キッチンやユニットバスといった設備そのものの仕入価格はやはりハウスメーカーの方が有利でしょう。しかしその一方で施工費はハウスメーカーの場合はまず割高です。技術力と施工費は決して比例するものではありません。ハウスメーカーの工事の場合、組織上どうしても下請け、孫請けと関わる業者が多くなるので必然的に経費の割合が大きくなります。よく工事現場で他県のトラックを見かけることがあると思いますが、鎌倉の工事を千葉の業者が行えば確実に経費はかさみます。

 一方で建築士の方に設計を依頼した場合、実際に家を建てるのは地元の工務店や大工さんです。個人邸を多く手掛けている建築士の方ならば電気、水道、設備に関わる業者にも直接仕事を発注していると思います。この場合、設計事務所が工事の管理を行い、先に挙げた業者がそれぞれの工事を請け負うのですが、ハウスメーカーと比べこちらの体制は比較的シンプルで間接的な費用を低く抑えることができます。もっと簡単に言うと施主の支払う工事費用を、より工事本体(例えば資材や工法)に仕向けることができます。例えばAという工務店があり、そこにハウスメーカーからの仕事と馴染みの建築士の方からの仕事があったとします。ハウスメーカーの仕事は確かにマニュアル化されていて効率はいいけれど毎回数社と見積りを競わされてしまう。一方建築士からの仕事は手間がかかるが仕様もワンパターンではなく見積りにも余裕がある。同じ時期にこの二つの仕事が重なった場合、建築士の方からの仕事を優先するのは純粋に職人気質というものかもしれません。見積りに余裕があると言っても工事価格に上乗せされる経費はハウスメーカーと比べれば断然低く、仕様がほとんど同じ家を建てるならハウスメーカーを介さない方がコストを抑えられるというのは建設業の中では一般的な了解です。

 コストに視点を当てて家を建てる場合、その土地を地盤とする業者に工事を依頼するのが最も効率が良いことは確かです。ただし人生で最大の買い物と言われる家を建てるにあたりコストだけを重視する方はいないと思います。本当に信頼できる業者なのか、設計通りの家が出来上がるのか、後々に不具合が出た場合ちゃんと誠実に対応してもらえるのか、など様々な不安があります。「地元の業者に頼んだ方が何かあった時もすぐに来てくれるとは思うけれど、でもやっぱり大手の方が安心」という点がハウスメーカーを選択する最大の理由だと思います。施主の方から見て、工事の窓口はハウスメーカーだけの方が早いでしょう。業者が倒産したり重大な過失を犯した場合も全てハウスメーカーが責任を取ります。言い換えれば信頼を買うことができる点が大手の強みということになります。そうなるとハウスメーカーを介さない家の購入は信頼ができないのかと思えてしまいます。実際数年前に問題となった悪徳リフォーム業者や手抜き工事による欠陥住宅など不誠実な業者が少なくないことも事実であり、大手と品質面で変わらないと断言できないのが非常に残念です。ですが大手であれ地元の工務店であれ実際に家を建てる仕事をしているのは職人であり、地域に根ざしたほぼ全ての業者が「きちんとした仕事」をしています。大手との比較で必ず挙げられるこの「信頼」については今後極力費用をかけることなく地元業者間の中で施主にコストを負担させることのない枠組みを確立していくことが重要であると思います。

 少し長く、堅苦しくなってしまいましたが、この仕事をしていると色々な方の「家を建てる」という大きなイベントに立ち会うことが多く、住宅に関連する産業の巨大さ、複雑さを目の当たりにします。衣食住についてはもっとシンプルであるべきではないかという個人的な思いもあって、庭の話をする前に、ほとんどの人が庭と同時、大抵は庭の前に造るであろう家について最初に決めなくてはならない「どこに家づくりを頼むのか」という視点を中心に話をしました。そしてこのことは庭をどのように作るかというテーマに密接に関連していきます。

 それでは家を建てる3つの手段について”自由度”、”スピード”、”コストパフォーマンス”の3つ項目でそれぞれ比較してみると、


自由度では  建築士>ハウスメーカー>建売

スピード 建売>ハウスメーカー>建築士


設計の自由度と設計から完工までのスピードに絞ればこの比較で間違いはないと思います。


タイトル メリットとデメリット

ホームいい庭をつくる家と庭>2.家を建てる 2.2.メリットとデメリット